質問

今回の震災で、永年借りていた木造建物が崩壊の危険がある。
今後、旧来通り安全に使用するには多大の費用がかかることが予想される。
法律関係を知りたい。

答え

借りている建物が朽廃した場合は、賃貸借契約が消滅する。
「朽廃」していない場合は、契約は消滅していないので、引き続き借りておく権利があり、家主は修理して店子に正常に使える状態にしてやる義務がある。その修理費用の負担は、基礎部分に関しては家主、内装などの軽微な部分は店子負担となる。(契約によって若干の違いはある)。
どのような場合に、「朽廃」だと判断されるか…これの判定機関はない。
最終的には、契約が終了したと主張する家主と、終了していないと主張する店子の間の裁判において、裁判所が判定するしかない。
裁判は、家主から店子に建物からの退去を求める裁判(理由:契約終了)とこれに対する店子から家主に対し修理代の支払を求める裁判とが競合するのが通例。

「朽廃」とは
基礎、土台、柱及び屋根といった本件建物の構造部分にほぼ全面的な補修を行わなければ使用できない状況で、その補修に新築同様の費用、そうでなくても多額の費用が必要とされるような場合であろう。