質問

隣地の塀がこちら側に倒れかかっている。そのまま放置すれば、倒れ込んでくる可能性がある。隣地所有者に連絡が取れない、どうすればよいか。

 

答え

こちらで(業者に頼んだりして)応急の工事をしてもとの状態にしてよい。後日その費用の一部は隣地所有者に請求する。
質問のような場合は、本来は、相手方に対して塀がこちらに倒れかかってこないように工事をすることを請求する権利がある。請求する権利であって、こちらが勝手に相手方に代わって工事をする権利が与えられているわけではない。これが、民法の定める基本的な原則。
ところが、相手に連絡が取れないなら、自分方の権利(土地の使用権)を守るために緊急にやむをえず行った緊急避難行為として、違法性はないことになる。
もっとも、後日、そのかかった費用を全額相手に請求できるというものではないだろう。